BGM:明治大学校歌(明治大学グリークラブ、明治大学応援団吹奏楽部)PLAY PAUSE ▲POPUP 

Home > 明治大学法曹会 ご挨拶

会長就任のご挨拶

kuroki私は、去る6月27日開催の定期総会において、会長に選任されました。
責任の重大さに身のひきしまる想いでありますが、副会長・幹事、そして、事務局の方々の助力のもと、適正な会運営に尽力する所存でありますので、会員諸先生のご支援、ご協力をお願い申し上げます。
私は、昭和44年弁護士登録以来、多くの明大法曹会の諸先生にご指導を頂いて参りました。
今は、いずれも故人となられた水野東太郎、渡部喜十郎、山本進一、二宮忠の歴代会長の先生方、また事務局長として会務の全般をお世話頂いた佐藤圭吾、新井泉太朗、そして、私が事務局次長として仕えた君塚美明先生やその後任の諸先生方には特に親しくご交誼頂きました。
私は、所属する第二東京弁護士会、そして、日本弁護士連合会で、種々の活動に関与して参りましたが、私の法曹としての原点は明治にあるとの想いで今日に至っています。
東京六大学野球、ラグビー対早大戦の応援、「明治を箱根で走らす会」の創設に向けて、予選会の応援にもずいぶん通いました。
新井泉太朗先生を会長、私を幹事長として創立した「校友会特研誠和会支部」は、校友会の職域支部を廃止する平成15年の「明治大学校友会規則」の改正により、設立後2年で解散の運びとなりましたが、今は懐かしい思い出です。
今、わが法曹会喫緊の課題は、司法試験合格者の増員とその前提となる法科大学院入学者の確保であります。
平成27年度の明治大学法科大学院の入学者は、定員170名に対して入学者は88名(定員充足率52%)でありました。
また、平成27年6月4日発表の司法試験短答式試験は、合格者数こそ217名と5位でしたが、合格率では59.78%で39位と、中央、早稲田、慶應等に比して20%も後れるという状況でした。
大学の理解を得て、法務研究所の創設と必要な財政基盤が確立されましたので、今後我々法曹会が一致協力して、参画していく必要があると考えます。
「まっすぐ前へ」北島忠治監督の言葉です。
帝京一強を許しているラグビー部の不振にしばらく目をつむり、懸案の解決に向けて邁進する所存でありますので、会員諸先生の更なるご支援ご協力を切にお願い申し上げご挨拶と致します。
 

 平成27年7月
明治大学法曹会  
会長 黒木 芳男

 

事務局長就任の挨拶

平成27年6月、明大法曹会総会にて事務局長に選任されました門馬博です。昭和24年生まれ 福島県相馬市出身、駿台法科研究室、昭和57年合格、司法研修所37期でございます。
黒木会長、副会長、幹事の下でその任を全力で全うしたいと思います。私は司法試験を大学3年の時から12回受けやっとの思いで合格しました。合格した時、4畳半のアパートで布団をかぶって泣いたことを昨日のように思い出されます。今でも合格できなかった頃の夢でうなされ目が覚めます。そして今、弁護士であることを何度も確認して嬉しくなります。このような私を見捨てず最後まで指導していただいたのは、駿台法科研究室、他、現在明大法曹会に所属している諸先生方等でございます。日本語、文章の書き方を一から教えていただきました。大学2年の時故山本進一教授からいただいた、研究室主任訓話 「1.常に条文をふまえて考えよ。2.基本原理体系の中で考えよ。3.誤字脱字は恥としれ。」は弁護士となった今でも、座右の銘となっています。法的論文の書き方を一日も早く体得し、合格の感激を明治の受験生に一人でも多く味わっていただきたいと思います。法科大学院の合格率の低迷が問題になっていますが、明治大学法学部の歴史、現在の環境、法曹教育の伝統、方法、法科大学院等指導人材、明大法曹会の充実等、何をとっても他大学に後れをとるものはないはずです。その原因を会員の皆さんと一緒に考え、「法学明治」復活に事務方の責任者として全力を尽くします。明大法曹会、いや明治大学の御恩忘れることができません。その万分の一でも恩返しができればと思っております。
 

 平成27年7月
明治大学法曹会     
事務局長 門馬 博